HOME>記事一覧>集客につながる快適なチラシ配りのポイント

チラシはポストの奥まで入れるのがマナー

郵便受け

ポスティングをする際には、チラシをポストからはみ出さないようにしっかりと奥まで入れるのがマナーです。ポスティングをした時点では雨が降っていなくとも、数時間後に雨が降るケースもあります。その場合ポストからチラシが出ていると濡れてしまいます。中にはポストの中が郵便物で溢れている家もあるでしょう。そういう家には無理にチラシを入れないようにするのもマナーと言えます。ポスティングは、手に取った人が気持ち良くチラシを見ることができるように配らなければ効果が薄れます。お客様の気持ちになって、配布したいものです。

暑さ寒さ対策を万全に

ポスティングは野外での作業になります。まず用意したいものは、軍手です。家によってさまざまなデザインのポストがあり、素手では投函しにくいときもあります。軍手は手を守るだけでなく、冬場の寒さ対策にもなるでしょう。暑い季節には、水筒やペットボトルなどの飲み物も持参するようにします。外で長時間配って熱中症になっては大変です。適度に木陰やコンビニに入るなど休憩を取り入れつつ、水分補給も忘れてはいけません。運動靴など歩きやすい靴でおこなうこともポイントです。ポスティングは四季折々の風景を見ることができる楽しみもあります。運動不足解消にもなる健康的な作業と言えます。

広告募集中